君、未だ還らざる



 50年近く前、甲斐の山奥の山家で過ごしていたとき、大皿一杯のツグミを出されたことがあった。その頃はなにが保護鳥、野鳥の捕獲禁止、カスミ網の設置など全く知らぬものだし、鳥なんて鶏以外食べたこともなかった。主の息子と同齢の友人たちだって同じことで、骨からほんの少しの肉を前歯でこそげ落として食べてみた。味など確かめることもできなかった。まだ緩やかだった半世紀前。ほんのわずかの、猫の額ほどもない畑を耕して、山の糧と沢の魚を町に行って現金に換える暮らしをしている人を、その暮らしが続くなら今でも咎める気はない。
 時が移り、奥深い山里にも舗装道路がトンネルで異界のような隣県に通じ、都会の食べ物がスーパーに並べられ、誰も鳥や沢の魚など見向きもしないと老友は云う。
スポンサーサイト
[ 2013/03/31 14:43 ] | TB(0) | CM(2)

向日葵発芽



 どうせなら、道行く人々その花愛でん♪をやりたくて、畑の周りに花を植えている。今はチューリップが咲いている。去年の向日葵は50センチくらいにしかそだたなかった。わたしゃソフィアが夫を訊ねていく、ウクライナの巨大なルシアンサンフラワーを育てたいのだ。
[ 2013/03/31 14:21 ] | TB(0) | CM(2)

雉さん、やめて!



 昨日、超高植えに挑戦した株が、雉と思われる生物に踏まれてしまった。高植えだと畝の土の量が大量に必要となる。しかし私の畑には、まかなえる量はなく、高くする体力もない。そこで小山を築いたのだが、動物にはジャンプ台?
[ 2013/03/31 14:14 ] 畑仕事 | TB(0) | CM(0)

ボリス82号スージー55号



 今朝も2羽とも朝のうちに産卵。
[ 2013/03/31 08:06 ] 我が家の鳥 | TB(0) | CM(0)

ぼかし肥料



 発酵させていたボカシが、やっと出来上がった。弥生の中ごろにしつらえたのだから、ざっと半月。微妙なアルコールの香りが口に含みたくなるような柔らかな誘惑をする。もう畑に使うことができる。

DSCF3173.jpg

 こちらは次にしつらえているもの。攪拌しながらところどころにできる塊りをほぐすと暖かい。発酵熱が活発でスチロール箱に結露ができる。つんと来る香りが治まってはいない。
[ 2013/03/31 07:57 ] 畑仕事 | TB(0) | CM(2)

雨の日陰躑躅



 しばらく日陰にほおっておいたら、何処のヒカゲツツジだったか忘れてしまった。屋久島の這日陰躑躅が好きで、しばらく棚においておいたが、気候が違うせいか枯らしたあとに、黄色い花が欲しくて日向か土佐を求めたと思ったが。鉢主の健忘をものともせず、咲かせて下されるのを忘れはしない。
[ 2013/03/31 07:52 ] | TB(0) | CM(0)

射干咲き出す



 晦日とはいえ、まだ弥生。桜も早ければ、シャガも早い。いつもの年はゆっくりと咲き出す海棠も花をほころばせている。暖かい南房総で、4度も雪が降った年なのに。

DSCF3164.jpg

 シャガの花をシャガらしく撮るのは、私の腕のコンデジでは結構難しい。白の中の黄と藤紫。ありふれた野の花なれど造化の妙。
[ 2013/03/31 07:37 ] | TB(0) | CM(0)

激しく曇り!



   花ちるや  耳ふつて馬の  おとなしき
  ゆさゆさと  大枝ゆるる  桜かな   鬼城
 観音山、先ほどまでは 小雨の風情、弱風。気温7.8度。室温13.4度57%。
[ 2013/03/31 07:32 ] 雲・空 | TB(0) | CM(0)