雛飾り



 妻と息子を高速バスに送る。冨楽里の雛飾りは毎年早めに飾られている。午後はうちのお雛様と電話で競馬。なんときさらぎ賞も東京新聞杯も見事に馬券を外す。しょうがねえ。京都記念と共同通信杯で勝つ!
スポンサーサイト
[ 2017/02/07 09:04 ] イベント | TB(0) | CM(0)

道の駅祭り



 土日とやってくる妻と息子を迎えに道の駅冨楽里のバス停に行きました。そうすると駅前の広場でテント村ができ「道の駅祭り」なる催しが行われており、様々な物産や食品が売られ、千葉県のゆるキャラ「チーバ君」と南房総市の「ミーナちゃん」が呼び込みを行っていました。私もなにか買い食いをしたいと駄々をこねたのですが、妻と息子は「これから寿司を食いに行くのだからダーメ!」とは許してくれませんでした。
[ 2017/02/05 07:32 ] イベント | TB(0) | CM(0)

吠える仮面ライダー



 私の勇敢な活動で少年は逃げることができ、ライダーたちは憤懣を吐き散らしていた。
[ 2017/01/02 20:33 ] イベント | TB(0) | CM(0)

仮面ライダーショー



 館山イオンタウンでは仮面ライダーの二人連れがこどもを誘拐しようとするところに行き会った。
[ 2017/01/02 20:28 ] イベント | TB(0) | CM(0)

なじめるものとなじめないもの



 TVでは、数日間、カボチャたちの饗宴の渋谷繁華街を報道していた。
 私は1948年の生まれ。幼いころはお寺さまに灌仏会の甘茶を戴きにいったり11月の15日にはお正月に引けを取らない晴れ着の神社にばら売りの千歳あめを買いに行ったりした体験を持つ。1955年の前後だからTVの普及もなかったし、米軍の占領もおわったばかりでクリスマスの華やかさもまだ繁華街の一部だけで、春を待つ夜の嬉しさの方が大きかった。そこにチョコレート会社の陰謀で、本来の行事からは遠い、チョコの争奪合戦が舞い込んできた。もらえないその他大勢の一人であるから「こんな行事はいやだ!」と泣き叫んだとてどういうわけか定着してしまった。それから3,40年、こんどは「お菓子よこせ!よこさんところすぞ!」との仮装がはやりはじめてしまった、というより盛大になってしまった。50年ほどまえのニューヨーカーなどで、「へー、こんなお祭りもあるのか?こりゃクリストファーー・リーがよろこぶんじゃあないの」といぶかしがってブラッドベリなんかのショートを遠い異世界のこととして見ていたら、今度はだれの策略か、あっというまに怪物君たちが町を我が物顔にしている。私にはまだ服部君の銃撃が昨日か一昨日のことのように思われるのだが、カボチャたちの繁殖の方が勢いが桁違いだ!
[ 2016/11/01 11:43 ] イベント | TB(0) | CM(0)